ロックなバンドをやっていた頃、周りの人がみんなオシャレな指輪とか銀色のジャラジャラしたのを着けるのが流行っていた時代でした。しかしコーチ小林は悲しいことに金属アレルギー持ちなので、ジャラジャラはおろか、今も腕時計すら満足に着けられません。。

 

そんなわけでアクセサリーとは縁のない日々でしたが、ある時そんな話をしていた知り合いからパワーストーンを薦められたのです。パワーストーンというと願掛けのイメージでしたが、オシャレ感覚で気軽に着けてもいいなと思って深く考えずに着け始めたら気づけばもう2年くらい着けている。。

 

これがずっと着けている瑪瑙(アゲート)という石

 

石にも花言葉と同じように石言葉なるものがあるみたいですが、小林自身はあまり詳しく知りません笑

ちゃんと意味を知って着けることは大事だと思いますが、ファッション感覚で気楽に着けられるのもいいところですよね!

 

ちなみにこの前、中学生のレッスン生にパワーストーンを見せて「これどう思う?」と聞いてみたら「数珠みたいで爺くさい」と言われました。。

 

「そう?オシャレじゃない?」と返しつつ、うそやん、、オシャレやん、、って心の中で思ってました。。

 

おわり

 

 

コメント
コメントする